わきがと遺伝の関係

わきが,遺伝

この記事ではわきがと遺伝の関係についてお話をさせていただきますが、わきがと聞いてまだ10代の若年層の方は自分には関係のない話だとお思いの方もいらっしゃるかも知れませんが、実はそんな方にこそよく読んでいただきたいと思います。

 

わきがと遺伝の関係

わきが,遺伝

わきがが遺伝すると言うのは、正確にはわきがの体質を遺伝すると言う事です。

 

そもそもわきがとは、アポクリン汗腺から出る汗が皮膚に存在する菌のエサになってしまい、それが原因で臭いが発生する事です。
アポクリン汗腺からは脂質やタンパク質を含む汗が出るため、それが菌にとってはごちそうなのです、
つまり、汗自体には臭いがありませんが、それを食べる菌が原因なのです。

 

そしてアポクリン汗腺はだれもが持っている汗腺で、ワキなどの体の一部にあります。
(汗腺には皮膚全体にあるエクリン汗腺と呼ばれる腺もあり、そこから汗を発生します。)

 

わきがの体質が遺伝するとは、アポクリン汗腺の量とそこから汗が発生する体質を遺伝すると言う事です。

 

つまり、わきがじゃない人はアポクリン汗腺が少ない、またはアポクリン汗腺からは汗が発生しない人です。
わきがの人はアポクリン汗腺の量が多い、またはアポクリン汗腺が活発に活動して汗が出やすい人
です。
わきがが遺伝するとは、アポクリン汗腺の量と活動が遺伝するのです。

 

 

わきがが遺伝する確率は5割〜8割で思春期にわきがだと自覚しやすい

わきが,遺伝

遺伝には2種類あります。
優性遺伝と劣性遺伝であり、わきがは優先遺伝です。
難しい話になりますが、優性遺伝とは親から優先的に授かる遺伝の事です。

 

例えば、片親が金髪で片親が黒髪だった場合、黒髪が優先的に遺伝されるので子供は黒髪か黒に近い色になります。

 

わきがの場合、片親がわきがで片親がわきがじゃなかった場合、わきがの遺伝が優先されて子供がわきがになりやすいのです。

 

確率で表わすなら、片親がわきがだった場合は子供もわきがになる確率は5割です。
両方の両親がわきがだった場合は、子供がわきがになる確率は8割にも上ります。

 

そして、わきが遺伝子に気付き始めるのがアポクリン汗腺が成長する思春期です。
ちょうど成長期の繊細な時期に気付き始め、悩み始めます。
ただし、わきがの遺伝子を持っていたとしても、わきがが発症するかどうかは人によります。
言わば、わきがの種は持ってるけど育つかどうかは人によるって事です。
また、ワキガの遺伝子を持っていて発症したとしてもワキガの臭いを抑える方法はあります。
それがワキガ対策グッズです。
ワキガ対策グッズはわりとメジャーなので一度は目にした事があるかと思いますが、なかでもお勧めはワキガクリームです。
なぜなら、クリームは制汗剤に比べると刺激が少なく、持ちが良い商品もあるからです。

 

 

 

 

わきがの臭いはクリームで抑える

わきが,遺伝

わきがの原因は、アポクリン汗腺から汗を出す事、菌が汗を食べる事でしたよね。
つまり、汗の発生を抑え、菌の繁殖を抑えれば臭いを防いだり、臭いを弱くする事ができると言う事です。

 

それができるのが、臭いを防ぐクリームです。
クリームを脇に塗り、汗腺を防ぐのです。
同時に、クリームに配合される殺菌作用で菌の繁殖を防げば良いのです。クリームは様々なメーカーから発売されてるので、使いやすくて自分に合う物を選ぶと良いでしょう。

 

 

わきがの体質は遺伝しやすいのですが、遺伝だからと諦めるにはまだ早いです。
遺伝したとしても、臭いの発生対策はできます。
発生対策をしたかどうかでわきがの強烈度は変わってくるので、わきがに悩むならばクリームで臭いを防いでみてはどうでしょうか。